フェンダージャパン(Fender Japan)

フェンダー おすすめギターメーカー

フェンダージャパン(Fender Japan)は、

フェンダーUSAにライセンス料を払って「Fender」のロゴが入ったギターを製造、販売しているブランド

なので、正式にはフェンダーUSAとフェンダージャパンは違います。
立ち位置的には、スクワイヤーの1つ上のランクです。

生産は日本で行われているのでギターの作りや品質はかなりのクオリティで、日本だけではなく世界中に多くのファンが存在します。

本家フェンダーはギターの木材に「アルダー」という、柔らかなサウンドや低音から高音までバランスよく響く特徴を持った木材を使っています。
それに対しフェンダージャパンは「バスウッド」という、安価で軽くて扱いやすく、音質もプレーンでクセが無い特徴を持った木材を使っています。

この木材の影響によりフラットな音が鳴り、アンプやエフェクターで音を加工しやすいというメリットがあります。
音作りはギターを長く続けていく中で誰もが必ずこだわる部分ですので、ギター初心者でも長く続けていくことを考えれば買って損はありません。

ギター初心者の方には少し値段が高いと感じられると思いますが、この1本があれば数年は他のギターを使わずに長く使用することができるので、長い目で見れば決して高くはありません。

フェンダージャパンのエレキギターラインナップ

フェンダージャパンのギターには主に5つの種類のギターが販売されています。

  • ストラトキャスター
  • テレキャスター
  • ジャガー
  • ジャズマスター
  • ムスタング

どのタイプも5万円台から購入することができますが、アウトレット品や中古品、展示品などで購入すれば5万円以下で買うこともできますのでおすすめです。

フェンダージャパンギターの詳細

フェンダージャパンはフェンダーUSAと比較されがちです。
それゆえに、フェンダージャパンを批判される方もいます。

しかし、実際にはアメリカではフェンダージャパンは、作りが良いということで評価が高く人気があります。
またフェンダーUSAはギター1つ1つの個体差が大きく、フェンダージャパンは個体差が少ないので、いわゆるハズレが少ないと言われています。

音もどんなジャンルにでも合わせることができるので、比較的若手のギタリストから愛用されています。

日本生産ならではの品質の良さや安心・信頼感もあるので、5万円~7万円のギターで特にブランドなどのこだわりが無い場合は間違いなくフェンダージャパンが一番おすすめです。

フェンダージャパンギターの試奏動画

フェンダージャパン/ストラトキャスター


フェンダージャパン/テレキャスター


フェンダージャパン/ジャガー


フェンダージャパン/ジャズマスター


フェンダージャパン/ムスタング



タイトルとURLをコピーしました